LINEで送る
Pocket

ニコンメーターは、NIKON F 用に発売されたセレン光電池で動く露出計で、1型~3型がある。

露出計なんていらない、と言ってNIKON F のアイレベルファインダーを買ったわけだが、ニコンメーターは、その意匠が渋いな、と思っていたので、中古カメラ店巡りをする際には、ほどほどの価格で完動品があれば買ってもいいかな、と考えていた。

しかし、セレン光の寿命等により動かないものも多いし、完動品は1万円前後の値段が付いていることもある。

DSC_8105

すると、新宿の中古カメラBOXで完動品を発見、値段も5000円とまぁこんなもんかな。

そこで店員さんに 「これ、どうですか?」 と聞くと、

「これ? これはビンビンだよ」 と教えてくれた。

ふむ、ビンビンなら大丈夫だな、と購入した。だいきちが入手したニコンメーターは2型だ。

DSC_8100
NIKON F に装着したところ。

「F」 が隠れてしまうが、かっこいい……。

しかーし、飾っていてもしょうがない。「ビンビン」 が正確なのか、実戦で使えるのか試してみたい。

(買ったのは1年以上前だが、なかなか使う機会がなく、放置してしまったが……。)

DSC_8104
青矢印がISO感度、赤矢印が露出の指針、黒矢印が本体のシャッターダイヤルの軸受けにはまって、シャッタースピードと連動する。

DSC_8098
レンズの絞り環に付いている爪をニコンメーターのピンにはめながら装着することで、絞りをニコンメーターに伝える。

つまり(精度は不明ながらも)、シャッタースピード、絞り、ISO 感度が連動しているのだ。

これで、ニコンメーターの数値が正しいのかどうか、試し撮りを行うことにした。

とはいえ、そもそも、だいきちが使用しているNIKON Fボディ のシャッタースピードが正確に出ているかは不明なので、あくまでも実践的に使えるのかどうかの確認である。なのでエビデンスとしては非常に弱い点をご了承いただきたい。

使用したレンズは、「NIKON NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5」「NIKON NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4」、あと室内で「NIKON Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 」。

フィルムは、Rollei RETRO80S 、ADOX FX-39で自家現像して、GT-F740でスキャン(2,400dpi) している。

また、単体露出計 「セコニック TWINMATE L-208」 でも確認して比較することにした。

【シーン1】
ニコンメーターの指示は「 F5.6  1/1000 」 、セコニックの露出計では「 F5.6  1/500 」。

「 F5.6  1/1000 」
img994
NIKON F  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Rollei RETRO80S

「 F5.6  1/500 」
img995
NIKON F  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Rollei RETRO80S

ニコンメーターとセコニック露出計では、1段分の違いが出た。

どちらが適正かは評価のわかれるところだが、ニコンメーターの指示(上段)の方がシャドウが引き締まって好みだ。

【シーン2】
ニコンメーターの指示は「 F5.6  1/500 」 、セコニックの露出計も「 F5.6  1/500 」。

「 F5.6  1/500 」
img999
NIKON F  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Rollei RETRO80S

なんと、ニコンメーターとセコニック露出計は同じ値を指示した。

仕上がりの露出も、いい塩梅ではないだろうか。

【シーン3】
露出の難しい空。

まともに空に向けると、どちらの露出計も針は振り切れてしまうので、木の方に向けて測る。

ニコンメーターの指示は「 F8  1/500 」 、セコニックの露出計では「 F5.6半  1/500 」。
まぁ、そんなに変わらんやろ、とニコンメーターの値のみで撮影。

「 F8  1/500 」
img013
NIKON F  NIKKOR-Q Auto 135mm f3.5  Rollei RETRO80S

日向では、ニコンメーター大健闘といったところだ。

【シーン4】
では日陰ではどうだろうか。

ニコンメーターの指示は「 F4  1/250 」 、セコニックの露出計では「 F4  1/125 」。

「 F4  1/250 」
img017
NIKON F  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4  Rollei RETRO80S

「 F4  1/125 」
img016
NIKON F  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4  Rollei RETRO80S

ニコンメーターの値だと、ちょっとギリギリだ。

これはセコニックの値が無難だろう。

【シーン5】
同じく日陰の植物。

ニコンメーターの指示は「 F5.6  1/250 」 、セコニックの露出計では「 F5.6  1/125 」。

シーン4より暗かったが、もう少し絞りたかったのでF5.6に設定。

どっちの値もちょっと暗いな、と思いながらも撮影した。

「 F5.6  1/250 」
img015
NIKON F  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4  Rollei RETRO80S

さすがにアンダーだろう。

「 F5.6  1/125 」
img014
NIKON F  NIKKOR-S.C Auto 50mm f/1.4  Rollei RETRO80S

セコニックもちょっと暗いが、まぁギリギリか。

ニコンメーターは、日陰だと、ちょっと自分で補正する必要がありそうだ。

【シーン6】

では室内だとどうだろう。ここはニコンメーターの値のみ撮影。

ニコンメーターの指示は「 F2.8  1/125 」

「 F2.8  1/125 」
img027
NIKON F  Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S   Rollei RETRO80S

窓の光に引きずられないように測光したつもりだが、机の上の物体はドアンダーになってしまった。

室内は難しいので、もし室内でニコンメーターを使うのならば慣れが必要だろう。

【総括】
全体的には、セコニックに比べて少しアンダーに出る傾向が見られたものの、大健闘ではないだろうか。

シーンによりクセがあるので、経験による補正を加えれば、露出決定の補助として使えるだろう。

ニコンメーターは実践では使い物にならないと思っていたので、正直、すまんかった、という心境だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です