LINEで送る
Pocket

重要伝統的建造物群保存地区の話は、4回かかってやっと初日が終わった(古い町並みで夜景を撮る 妻籠宿編)。

この後、2日目があり、さらに先々週も2日間廻ってきたので、このネタだけで全部で15回くらいはいくだろう。うぅ、長い。

あまり連続なのもどうかと思うので、ちょっと違う話もはさもう。

そこで今回は、未使用写真が溜まっているMamiya RZ67 ProⅡ について記しておきたい。

RZ67 は、『You は何しに日本へ?』 に出ていたメキシコ人カメラマンのホセくんが使っていたので、最近は知名度が上昇しているようだ。
だいきちの重要伝統的建造物群保存地区巡りでも、このカメラを使っていたら3回ほど知らない人から声をかけられた。

レンズはずっと SEKOR 110mm f2.8 なので、違う画角も使ってみようかなぁ、とひさしぶりに中古カメラ屋さんを覗くと、ボディの値段が以前の1.5倍~2倍くらいになっていて驚いた。これはホセくん効果なのだろうか。

DSCF2249-1

スクリーンはこんな感じで明るい、でかい。

RB67用の方眼スクリーンに変更している。

81120002-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

ブローニーフィルム(120)で10枚撮影可能。

フィルムは、安くて色も気に入っているPRO160NSを使うことが多い。

81120001-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

逆光にも強いけど、ゴーストが出ることは多い。

000003 160NS-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

東京湾の日の出。

000004-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

羽田空港へ向かうモノレール。

000005-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

品川埠頭からお台場を望む。

000001 NS160-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

品川の運河。
フィルムホルダーを回転させるだけで縦位置が撮れるのはありがたい。

000006-1

Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

000007 NS160-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

海ほたるから川崎の工業地帯を望む。

000007-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

品川埠頭。

000008-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

天王洲アイル。

81120003-1
Mamiya RZ67 ProⅡ  SEKOR 110mm f2.8  Fujifilm PRO160NS

現像は郵送で出して、現像とCDデータ作成をしてもらい、気に入った写真は近所のお店でプリントしている。

するとフィルム代と現像・CDデータで1本1000円以下でいけるので、なんとかやっていけそうだ。
(Fuji のフィルムも10月以降値上げのようだけど)。

RZ67 は、シャッタースピードは1/400 までしかないけど、中判でじっくり撮る用なので、まぁそこで困ることはないだろう。
レンズの描写も優秀だし、唯一 「重い」(2.5kg)  こと以外に不満はない。

また、中判フィルムカメラで子どもを撮る、という濱田英明さんの写真集(『Haru and Mina』)に思いっきり影響を受けて、うちの子ども達をRZ67 で撮っているが、これがとってもいい。

もともとは写真館やスタジオなどできっちりと撮る、というイメージが強いRZ67だが、外でぶん回して撮ると、ぶれても、ぼけても、なかなか絵になるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です