LINEで送る
Pocket

 

やばい。もう9月も終わりそう。

 

 

 

というわけで、夏に撮った思い出のフィルム写真たちを残しておきたい。

 

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2 RVP50

 

お盆に親戚の家に行った時の1枚。

光の入り方や風が気持ちよかった。

 

初めてNORITA66 でポジフィルムを使ってみたけど、NORITARレンズ独特のコクやシャドゥの描写がいいなと。

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2 RVP50

 

実際のポジフィルムはもっと発色やヌケがいいんだけど、データ化するとだいぶ感じが変わってしまうのが残念。

 

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2 RVP50

 

 

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2 RVP50

 

 

 

 

NORITA66 NORITAR 80mm f2 RVP50

 

Velviaの発色の良さとNORITAR のボケ、ピントのキレがたまらん。

 

 

 

▲NORITA66はノリタ光学が1972年から76年まで製造していた6×6サイズの中判カメラ。特筆すべきは、中判カメラのレンズとしては非常に明るいNORITAR 80mm f2。このレンズの立体感やボケは相当だと思う。

ボディは調子が悪い個体が多いけど、5万円かけて(痛い)修理、オーバーホールしたので絶好調。

 

 

 

▲当時のパンフレットもかっこいい。

 

 

 

 

OLYMPUS O-Product 35mm f3.5 Kodak Ultramax400

 

そしてO-Product。

 

インダストリアルデザイナーの山中俊治氏によるデザイン、というところが注目されるけど、3群3枚トリプレットレンズの描写もなかなかのものだ。

 

 

 

▲1988年発売。バブル真っ只中という時代背景もあってか、「未来は絶対に明るい」と思わせるワクワクするデザイン。一時はプレミアも付いていたけど、付属のストロボがなかったので、すんごい安かった。

 

 

 

 

OLYMPUS O-Product 35mm f3.5 Kodak Ultramax400

 

ボタンは、セルフタイマーとシャッターボタン、そして巻き戻しボタンのみ。

 

露出補正があれば、もっと表現が広がると思うんだけどねぇ。ダイキチは露出補正を多用するので、その点が非常に惜しい。

 

 

 

OLYMPUS O-Product 35mm f3.5 Kodak Ultramax400

 

 

 

 

OLYMPUS O-Product 35mm f3.5 Kodak Ultramax400

 

けどまぁ、オートフォーカスだし、素朴な写りをするので、ちょっと持ち歩くには悪くないと思う。

 

 

 

NIKON F100  AF 50mm f1.4  LOMO400

 

そしてNIKON F100。

このカメラは、フラッグシップのNIKON F5 の弟分的存在で高性能。

1/8000 が使えるので、昼間でも開放付近で撮ることができる。

 

ダイキチ的には、子供と遊びに行くときに使うことが多い。

オートフォーカスのレンズで動き回る子供を撮る。

 

 

▲このカメラの持病である裏蓋のベタベタがあったけど、ベタベタしてても機能には全く問題なし!

銀座のレモン社で1万円くらいだった。

 

 

NIKON F100  AF 50mm f1.4  LOMO400

 

 

 

 

NIKON F100  AF 50mm f1.4  LOMO400

 

 

 

 

NIKON F100  AF 50mm f1.4  LOMO400

 

フィルムがいいなと思うところは、光の捉え方だったり、湿度感だったり、ちょっと懐かしくもほろ苦い描写だ。そしてそれらは夏の思い出や記憶と同じだから、夏を描写するのにフィルムは最適なのかなと思う。

そして、見返すときにその時の情景や感情も呼び起こされるので、家族写真とフィルムもマッチするなと。

 

というわけで、この夏に使ったカメラとともに、夏の思い出を振り返った。

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です